小学1年生の生活リズム!親のチェックポイントも合わせて紹介

小1のスケジュール
みのり

新2年生男子のママみのりです

そろそろ入学の季節ですね。
この春、新1年生になるお子さまをお持ちのパパママ、入学後の生活のイメージは出来ていますか?

  • 入学式の翌日から授業が始まるの?
  • 朝の準備はなにをすればいいの?
  • 給食はいつから?
  • 何時に帰ってくるの?

入園前に見学会や説明会があり、HPにも多くの情報を載せてくれている幼稚園と違い、小学校生活は未知な事も多いですよね。

年長ママ

正直分からないことだらけよ

みのり

私も入学前はイメージが湧かず不安でした

入学から1年が経ち、親子ともに小学校での生活にもだいぶ慣れてきました。

これから入学を迎えるお子さまやパパママにも学校生活のイメージを掴んで入学前の準備にも役立てて頂ければと思います!

スケジュールは小学校によって異なる部分もありますの参考程度にしてください

目次

朝の準備

朝の登校時間は地域によって多少差はあるものの
7:50〜8:10までに学校に着くように行きます。

ゆとりをもって朝の準備ができるように家を出る1時間前には起きていた方が良いですね。

みのり

朝が苦手な子は春休みのうちから練習しておくといいですね

朝の準備チェックリスト
  1. 朝食
  2. 着替え
  3. 洗顔
  4. 髪の毛を整える
  5. 歯磨き
  6. トイレ
  7. ハンカチやティッシュ、持ち物確認

リストにすると簡単なことばかりですが、慣れるまでは声掛けをしつつ確認してあげてください。

みのり

通学帽が無いので寝ぐせ直しが意外と大変です(笑)

教科書の準備や提出物の確認は前日の夜までに終えておきましょう

登校の仕方

登校班の有無は地域によって異なります。

無い場合は、近所のお友達と誘い合って行くか1人で行くかですが、
入学式から最初の1週間ぐらいは学校まで付き添っている親御さんも多く見かけます。

我が家の場合、
最初の1ヶ月は昇降口の前まで、結局1年生の11月まで家の前の信号まで付いていってました。

慣れてきた頃にゴールデンウィークに入り、また慣れた頃に夏休み…
早くから1人で登校できるようになった子でも、途中からまた親が付き添いをしている様子も見られました。

子どもが不安なうちは出来るかぎり付き添ってあげると学校に行きたくない…となりにくいかなと思います。

みのり

長男も帰りは元気なのですが朝だけ不安になるみたいでした

とは言え、
玄関で送り出せるようになると一気に楽になります。

そこが幼稚園とは違うよね!

給食はいつから

こちらも地域によって多少異なります。

息子の小学校は、入学式の約1週間後から給食開始でした。

と言っても土日も含めてなので午前中で帰ってきたのは実質3日でした。

みのり

そう考えるとちょっとホッとしますよね(笑)

その3日間の登校で何をするかというと…

  • 靴箱の使い方
  • トイレや水道の使い方
  • ランドセルのしまいかた
  • 学習用具の使い方
    (教科書ノートの出し入れ)
  • 挨拶、返事
  • 自己紹介
  • 着替えの仕方
  • 学校探検 (各教室の名前や場所)

など小学校での基本的な決まりごとを学んでいる様子でした。

最初の頃は使い方の確認も含めて教科書など一式持っていくので荷物が多めでした。

だんだんその日の授業で必要なものだけ持っていくようになります。

下校時間

1年生は5時間授業のみという学校が多いので、だいたい

下校時刻は14時半

家に着くのは14時半〜15時となります。

しかし、入学式からしばらくは午前帰りや早帰りの日も。
(息子の小学校は入学式から2週間後に通常授業が始まりました)

下校時間が変わることはよくあるので、毎月の予定表と日々の連絡帳は必ずチェックしましょう

帰宅後

我が家では帰宅後ランドセルから洗濯物と水筒を出したら、

おやつ→宿題→好きな遊びやテレビOKのルールにしています。

親がすること
・連絡帳とお便りの確認
・宿題のチェック
・明日の持ち物のチェック

連絡帳とお便りの確認

  • 下校時間の変更や新しいスケジュールはその場でスマホやカレンダーにメモ
  • お便りの中には『◯日までに紙皿と紙コップを持たせてください』など大切なことが書かれているのでよく確認する

宿題のチェック

宿題は毎日必ず出されます。

だいたい10分程度で出来るような内容が多いです。

例)プリントやカタカナ練習1ページ+音読

みのり

宿題の丸つけを親にお願いする学校も増えています

明日の持ち物のチェック

時間割りと連絡帳を確認しながら忘れ物をしないよう準備します。

初めのうちは子どもと一緒に確認しつつ、
徐々に一人で準備する癖をつけていきましょう。

子ども自身がきちんと持ち物を把握していることが求められるようになります

親がチェック時に手元にあると良いもの
  • 印鑑
  • マーカー
  • ボールペン
  • 書類ファイル

\書類のおすすめ保管法/

ファイルは2つ用意
1年間保管する書類
とりあえず保管しておく書類

\ファイルは2つ用意/

  1. 年間予定表や保護者会資料など1年間保管するもの
  2. 行事の連絡や持ち帰ってきたテストなど一旦保管するが定期的に見直して破棄するもの

小学生になると、
子ども伝いに聞く連絡事項も多くなるので、日頃から
✔️連絡帳を丁寧に書くこと
✔️先生の話をしっかり聞くこと

この2つは子どもにしっかりと伝えています。

さいごに

入学後の小学校生活のイメージは湧きましたか?

保育園や幼稚園とは大きく変わる小学校。

慣れるまでは子どもも戸惑いや不安を感じることも多いでしょう。

そして親も幼稚園や保育園での先生との距離感の違いに戸惑い、学校での様子が見えなくて心配事も増えるかもしれません。

しかし環境が変わることは大きく成長できるチャンスでもあります。

私はこの一年で、
我が子を信じて今までよりも一歩下がって見守ることの大切さを学びました。

これから入学を迎えるお子様もきっと、今までとは違った成長を見せてくれるはずです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます(^^)

にほんブログ村 子育てブログへ
小1のスケジュール

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次